旅行の目的と宿泊施設

一般客室との違い

一般の宿泊施設でも、そこを拠点にして観光や買い物を楽しむことができます。
しかし、コテージを選ぶ場合は、もともとが「森林や海のような自然環境に触れたい」という気持ちがあったからではないでしょうか?

たいていのコテージは、森林や高原のような涼し気な場所・海や山の風景がきれいな場所にあることが多いと思います。
大人数で、バーベキューなどの野外活動を楽しみたいときなどにはうってつけだと言えます。
それだけに、最寄り駅からは遠い場所になる場合があります。
地元でのショッピングを目的とするなら、もっと交通の便が良い場所を選ぶ方が適切かと思います。

一般客室だと、どうしても部屋が別々になってしまうことが予想されます。
人数に応じたコテージを利用すれば、みんなで一緒に過ごすことができるでしょう。

合宿もコテージで

ホテル系のコテージであれば、各種スポーツや楽器演奏をするグループでも、少しは利用しやすいでしょう。

男性用と女性用の2つのコテージを借りる程度の別れ方で済みますので、連絡や伝言が効率的にできます。
コテージには、トイレやお風呂・キッチンがついていますが、それでは人数に見合った使用が難しい場合があります。
仲間同士で順番を決めたり、ホテル本館の大浴場やレストランを利用することも可能です。
初めから、食事は野外でバーベキューにする、本館のレストランで食べるなどを決めておけば、キッチンはあまり使わないで済みますね。

コテージ区域にも、小さな浴室がある場合もあります。
誰も使っていないときは使用できますので、できればレディーファーストでお願いしたいものです。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る