コテージのメリット

コテージは、自宅と変わらない設備になっているものが多く、キッチン・浴室・トイレがついています。

ロッジは、コテージと同等の設備がありますが、利用料はコテージより安価です。
1棟に何件かがつながった構造で、個々の建物には浴室がない場合があります。

さらにロッジより安価なのがバンガローですが、トイレ・シャワー・ベッドはついていません。
キャビンはバンガローと概ねかわらず、料金もバンガローなみの安さがあります。
ログハウスは、丸太でできているもの全般を指すようで、室内の設備はある程度整っています。

コテージが大きなホテルの敷地内に建てられていて、本館から遠い場所にあれば、たいていの場合、送迎をしてくれます。
設備面で、個室のキッチンや浴室がない場合は、食事は本館のレストラン・食事処などで食べます。
入浴は大浴場があるので、そちらに移動して利用します。

また、バーベキューができる設備が用意されている場合もあります。
設備だけでなく、燃料・食材なども売っていますので、持っていく荷物を最小限にすることも可能です。

また、キャンプ場全体が別荘地のようになっている施設もあります。
しかし、初心者のキャンプでは、いきなりのテント生活では厳しいと思われますので、お金はかかりますが、コテージが良いかもしれません。

他にも、コンドミニアムやペンションというものがあります。
別荘の場合は、オーナーが受付・管理・予約・経理などを行います。

一戸建ての別荘気分

コテージは自宅感覚で過ごすことができる、貸し別荘といえます。 家族や親しい友人同士で泊まれるので、小さな子供がいても、周囲の目を気にせずに過ごすことができます。 また、たいていの場合、森林や高原のような環境にありますので、散策や森林浴を楽しむこともできます。

コテージを選択する場合

数ある宿泊施設の中からコテージ風ホテルを選ぶ目的には、どのようなことがあるのでしょう? まずは立地条件、環境の良い場所であることが一つのポイントになると思います。 また、一般の客室に比べて、プライバシーが守られやすく、子供がかけ回ったり泣いたりしても、周囲への気兼ねが少なくて済みますね。

旅行の目的と宿泊施設

旅行の目的にもよりますが、移動手段を考えておくことは当然ですね。 マイカー・電車やバス・飛行機・レンタカーなどの手段があります。 また、たいていのホテルでは、最寄り駅とホテルの間を、無料送迎してくれるサービスもあります。 人数や荷物の量、個人の健康状態などを考えて、無理のない方法を選びましょう。

▲ページTOPへ戻る